かやつり草

日々の、おもいたつこと

戻すのか還るのか

f:id:sallygarden:20200929185432j:image

最近

ルーツをさぐっている気がする。

鳥が羽をおとしたくらい

偶然的で

けれど必然のように

飛び込む言葉

key wordを

つなげてはつなげては

そこに何か解釈したり

 

それがまたとびたっては

誰かのところに

また羽が落ちる。

ちゃんとピンでとめることも

もしくは巣に返すのか

土に還るのか

 

点と点を繋ぐ

繋ぎたくなる習性があるのです

 

つないだ最初の点は

私ではないはず

 

過去に遡ることが

先にすすむ道標ともなる。

 

 

 

無意識と意識の沼

f:id:sallygarden:20200910080051j:image

 

友人の個展でライブドローイング

するということになり

音を添えてきました。

 

コシチャイムという

の4種類の中でもっていた土と、水を

流しながら詩を朗読

拙いウクレレを、ささえに何曲か弾き語りしてきました。

音はみえないもので無意識にリンクしやすい

と思ってます。

私技術的なこともあるけれど

できるだけシンプルに

シンプルに歌もありたいと思う。

複雑に精巧にできている世界だからこそ

シンプルに単純に

喜びや悲しみもどのようにも変容する

無意識と意識の沼。

個展の絵は会期中少しずつ変化して

最後はどこに行くのだろう。

楽しみです。

 

 

 

mirror into the life,creation

 

f:id:sallygarden:20200822204051j:image


ちいさなあなと思って近づくと

それはわたしの目

ちいさな鏡にうつる私の目

 

 

 

白い部屋の中にだれかが目を薄めてる

だれかがたったら

やっとみえる儚い天から垂れる細い細い糸

上の方で光のミラーがきらりとみえる

 



 


隣の部屋にいる

2人のちいさなちいさなうごかぬひとたちを

まるでわたしととめどなくみにくるひとたちの方が透明でうつしだされないようだ

 


死んだ人もただよっていると感じる

たぶん今日は父親が生まれた日だからだ

命日、とつぶやいたけれど

命日とは命がこの地上からとられた日

生まれた日も命がもたらされた日ならば

生まれた日も命日なのかもしれない

死も生も

 


なんていうことのない

たゆやかなひもが風に揺れてる間に

人が交流している

 


たゆやかに紐が絡まりそうで絡まることなく

それを

いぶかしげにひとびとがのぞく

ふと気がつくのは

アートは

創造は

人を圧巻することではなくて

何気ない日々の光景

自然の中だけでなく

日常の何気ない、ゆるやかな世界にこそ

意味を設けて

生きる

活かせることなのだ

光も風も

闇も雨も

 

同じ顔も同じ身体もなく

けれど

 


なにか

を求めて

やってくる

 


美術家は

大げさではなく

ささやかな

日々の営みに

こそ

 


一人ひとりの創造主性を刺激する

 


圧倒的な芸術の前では

そこにわたしは介在するとは思えないが

ささやかなささやかな

世界には

私もいてもいいという祝福がある

 


わざわざここにくる意味は

なんだろう

この美術家という人がもたらそうとする

しかけ

は私に生を与えようとするに違いないと

期待する

 


ここにやってくる人がそれぞれ創造主を内包した存在であることを

 


生の営み

 

日々の生活

暮らしの中の空き瓶が

中庭で

雨水と対話する

雨の日に来たかった

 


びっくりするくらいなんてことのない日常の抜き取りを

どうしてこうも厳かな世界感にすることができるのか不思議

その装置が不思議である。

 


みにゆくひとびとが

神のようなものなのだ

創造主のようなものなのだ

と感じる

 

2020.8.22

haiku

f:id:sallygarden:20200821213632j:image


カメラでうつすよりも

うつしがみにうつすよりも

目でみてかくよりも

こうやって

こころのカメラでうつすのだよ

祖母がいっていた

 


祖母はこころのひだを言葉にする人だった

そしてその言葉をちいさな絵にする

 


こころに響くことをどうしたら

言葉にできるだろう

言葉にした途端

そのこころのひだにひっかかる

情景が逃げそうになる

その片鱗だけを

情景を思い出す鍵のように

言葉を繋げる

 

ほんとうは

ほんとうは

言葉なんてものは

なかったのかもしれない

 

無意識の片鱗を

ただ繋げてるだけ

 

決してとどまることのない

風景

とどまることないひらめきを

ピンで留める

 

 

 

 

 

 

black bird story

f:id:sallygarden:20200821060926j:image

みるものすべてがまぶしくて

 

サングラスをかけて

夜のように

みるものすべて

自分をも夜にそめつけて

何度も何度も 色をかさねていく

何度も何度も

星空をきらめきと共に渡っていく

 

あなたの気持ちがわかるとはいえない

私の気持ちもわかるかしら

 

 

 

夜の染め液に浸かる

 

とりはいつのまにかよるにとけてねむりこけている

内に朝日が照らされている

夕がありあさがくる

夕がありあさがくる

誰もここでは私を見ていないと思っている

よるをとんだ鳥は

朝日に照らされる

 

違うものたちが繋がっているrace

忘れている地につたえていく

 

ワタリガラス

レースに星のかけらを縫いつける

わたしは黒く夜の鳥になったかもしれない

 

夕があり朝がくる

夕があり朝がくる

 

夜から夜へとわたる

 

けされた光

けされたこころ

 

そこにある星屑

かつての心を

ひろっていく

black bird 

わたしのことをいみ嫌う人もいる

あなたにはわたしのことなどわからないでしょうよ

とちいさな星屑は土ころとなっていう

ねえ!

わからないわからない

 

事実はあなたがどう思うが

あなたは

光り輝く星のひとつ

わかって

わかって

 

木が枝で休むかつての鳥は

黒くて美しくなく

 

f:id:sallygarden:20200729202000j:image

数年前、室(ムロ)という言葉をアーサー.ビナードさんのお話会で聞いた時恥ずかしながら意味がわからなかった。

あまり馴染みのある言葉ではない。発酵をさせる場所、という意味あいにもとれるけれど室という日本語を英訳するにも室にあたる直接的な言葉は英語圏にはないらしい。

しかしわからないなりにその言葉が気に入り心に留めていた。

何年かして今年。自然布、特に葛布について調べていると、室という言葉にまた出会った。

葛糸はこの夏の時期に若い茎を取りゆがいてそれを「室」にいれるという。

室の作り方はすすきをひいてその上に熱々のゆでた茎を丸めて入れてその上にまたすすきをのせる。試しにやってみた時にすすきがなかったので庭にある雑草で覆った。外に放置されて雨も降るし陽も照る中、さてどうなっているか。予想通り外側の繊維は茶色くぐちゅぐちゅに腐っている。

これであってるの。。?!と文献もあまり詳しくなくきくひともいないので

こわごわとりだした茶色く腐食した茎を近くの川で洗うと(川で最後は洗う、と書いてあった)

その汚く腐った下には金色の繊維が隠れていて川に晒すと美しく糸が水の中で泳ぐ。

 

室というのは発酵を促す部屋のようなものかと思ったが(そういう意味もあるかも知れない)少し違うようだ。

梅雨に待ちきれずに蝉が土から這い出して鳴きだした

土もある意味室なのだと思う。種が芽を出すときに外皮が破けるには水に触れたり土に触れたりすることで腐る。

そういう作用に似たことを室というのか。

「世の中には愛すべきものが無数にある」

金子文子のことを描いたブレイディみかこさんの一節を思い浮かべた。(「女たちのテロル」)

世の中には無数の愛すべきものがあるという楽観性の根拠の中で、それでもそこに見出すには一見醜いものや土の中やましてや腐ることも必要なのかもしれない。そして悲観的にしかなれないような状況の中でもいまは室である。世界は広い。と唱えることを日々の中で教えられることがある。

 

 

蝉の声

f:id:sallygarden:20200730230816j:image

あることに思いを巡らせていると

夢の中までその考えが巡っていて

おきるかおきないかの合間に

「新鮮な」蝉の声が朝早くから聴こえた

ほんとうにそれはびっくりするほど

新しい鳴き声で

こどもがおかあさんの胎内からでてきたときの泣き声のような

神聖で新しい声だった

 

土の中で何年も何年も

暗闇の中で何年も何年も

 

 

 

感動というのは誰の判断も要らない

感受性というのは女性性だという人もいるけれど

それがどうきこえようがどうみえようが

自分の思考がとどまることを得ないほど何かがゆさぶられる

いい方にも悪い方にも

 

久しぶりに死ぬことについて考えている

有名な若い俳優が死んだことに

随分と自分でもびっくりするくらいに揺さぶられている。

 

ブレイディみかこさんの書いた金子文子について

奇しくも蝉の声のエピソードがかかれていた。

(神さまはどうしてこうやってメッセージをどうにかして伝えようとするのかわからない。)

 

金子文子は死のうとしていたそのとき

油蝉の鳴く声に覚醒した。瞬間に文子の楽天性に死をくいとめた

地獄であろう自分の生きる道に

世には愛するべきものが無数にある

美しいものが無数にある

ここばかりとは限らない

世界は広い

 

、、、、

私のこの前きいた蝉の声は

金子文子の伝える楽天性だったのかもしれない

 

地獄かもしれない世界

土の中からでも

世の中は広い

世界はあいするべきものが無数にある

世界は美しいものが無数にある

 

 

 

生きたい気持ちと裏腹の

死への誘いをめざまし時計のような

蝉の声が、は!とさせる

 

長引く梅雨に身体もおかしくなりそうだけれど

また命の楽感性に力をあたえてくれるだろうか。