かやつり草

日々の、おもいたつこと

かさぶた インク 土

f:id:sallygarden:20200225172816j:image

分厚いかさぶたがあると言われて
(ちさちゃんその中で怒ってるよ、ばーか、ばーかと言っている)といわれ

(なんもいってないのにそんなことがわかるのか!!)
怒りをとにかく身体の外に表明した方がいいとすすめられ、
誰にもみせない、いつものブログに下書きのままかいていたらわたしにも血は通ってて、かさぶたの下は皮膚じゃなくてまだなおってなくて
それはそれでまあまあな感じですが、


昨日そんな一日、借りた刺繍の本をみて久々に刺繍とやらをしたくなり
近くの店に刺繍糸と娘の服をみにいこうというたら矢先
娘、インクの瓶を全部、それも、キリムにぶちかますという惨劇。

でもなんかそんなことたいしたことなくてたいしたことあるけど

わたしを表してるようでもある。

買い物にいかずただいま絨毯をせめてもの状態に回復しようとしています。

もとには戻らない。

でも多分味にはなる。

まるでわたしの心のようではないか。


家族は多分、わたしがそんなこといったらこれ以上怒るのか、という感じだけどたぶんブレーキとアクセル同時に押すからか。

 

怒らないことが美徳としつけられた(とおもっている)のもあるし

多分感情が強い分、怒りを抑えるとどこかで他の感情がくすぶるというか。

なので怒ってきてすっきりするタイプの方とはそれ以来どこか怖いと思って距離置いてる

 

土ってすごいなあインクくらいなら汚染されない。怒りくらいでも汚染されない。

わたしは土でも水でもない。

血の通った人だから

笑ってごまかすかもやけど痛むのよ。汚れるのよ。

いまインクを水でたたきだすように出してる。

まあ残るやろうけど。

それもあり。

 

 

 

霧の中に生きる

 

f:id:sallygarden:20200221123009j:image

 

いつだったか紙の余白さんという紙の研究されている方と話したとき

滋賀でも紙をすいておられる方が今でもおられるといっていたのだけれど

そこはうちからほんとうに近いところだった

まだそこには訪れたことはない

 

 

私が住んでいるところは山を切り崩していたったところで

さらに住宅街、ご多分にももれずどんどん桜の丘も切り崩され道にあった気に入っていた沼も埋められてコンクリートで蓋をされている

 

昔、琵琶湖というのは

あの大きい湖だけでなく小さな沼や池の点々が淡々とあるところというようなことを言うのをきいたことがあり

 

いろんなことでわたしもその仕組みを享受している恥を思いつつ消えていく沼や池がまるでわたしの何かも消えていくような気持ちになっている。

 

近くの山へ携帯電話を置いて何日かいままでしていた「旅」のようなものを息子がしにいっていた。

携帯はとても便利ででもその沼や池がなくなるような便利さが中毒のようになればなるほど

吐き気がしてくる。

SNSとか動画なんかはここ10年の話でそのスピードに自然でできているはずの私は埋没しては溺れそうになってる。

 

開発されて便利になってきた街の割に少し行けばこどもたちがお世話になった川や森がまだ

かろうじて

「開発」されずに残っている。そこだって

電波が届いてしまえば家にいるのと同じ。

 

でもまだ「蓋」されていない沼もある

f:id:sallygarden:20200221123145j:image

歩いて歩いて山の上までいく

この日は月に一度のアーチストデート

(アーチストの誰かとデートするという意味ではなく自分の中のアーチストとデートするという意味らしい。)

絵を描く友を誘って

谷沿いを登るルートがいいよといってきたばかりの息子に教えてもらったルートを歩く

 

 

蓋をしてはいけないんだと思う。

蓋をされてしまったら

蓋をしていないところを歩いた方がいい

 

霧くらいのささやかな

けれど無数のものが集まったらもやがかからくらいの存在感

 

でも密閉されてしまったらそれすらも閉じ込められてしまう。

昔の隙間風が通るくらいの蓋なら霧も立つのだろう

 

 

f:id:sallygarden:20200221123058j:image

 

たびすることば13

 

f:id:sallygarden:20200219140413j:image


iris
rainbow.
虹はくうに映るだけでなく
山肌にさえ透き通って
彩られることを知った昨日

虹の素はやはり光と
そして土からの何かなのだろうと
推測する
春に咲こうとしている
あのIrisも
そうやって
ひとの測り知れない
仕組みによってあの
冬に眺めた色をたずさえて
冬から春へ色を遂げる

花言葉は虹を伝える人
春にうまれたわたしも

あの冬の彩光をあびて
春にその輝きを
繋ぎ伝えようとするのだろう

たびすることば12

f:id:sallygarden:20200219135453j:image.
Right/Light
for new world

右手(right )のしていることを左手に知らせるな

それくらい自分のしている「よき」ことは
わたし、ではなく
光に照らす
いかりも、ひかりに照らす

ただしさをひかりに照らす
い.は、かりものになり
ただしさは(right)はひかり(light)
の中で照らされる

あたらしい世界へ
光あれと世界ははじまった

 

12/21たびする言葉

たびすることば..15

f:id:sallygarden:20200213143019j:image
野原
.
野原=私の心
いてほしい草花や
眺めていたい風景
いつのまにか
雑然としてしまったり
よそからの種が
よいときもあるけど
いらないときは
すっと抜いてもいい
今日植えた球根も
少し場所が違うと思ったら
移植するとターシャも
いっていた

春を待つ喜びのために
今日球根を植えた

そうやっていま枯れた庭も
みにみえない先の春を

整えば整うほど
きっと野原はずっとずっと
ひろがっていく

誰のものでもない
わたしの、野原
たまには遊びに行くけれど
ご招待もするけれど
あくまでここは
わたしの庭

 

、、、、、

15/21たびすることば

 

感じて染める

f:id:sallygarden:20200207233150j:image

もう私の子どもの頃、

親は味噌を作るなんてことはしてなくて

祖母が作ってたりしていたのをぼんやり覚えているだけ

 

自分で家のことをしはじめたときに

近所に住んでいた今はなき友が作ろうよと

教えてくれた

あの時の麹はどうだったんだろうか

記憶はないけれど

大豆も炊いて、麹と塩を混ぜるんだ、

それだけ!なんだと驚く。

寝かせた、手前味噌はびっくりするほど美味しくて不器用ながらも

自らの手でできることを少しだけ取り戻した

 

いつのまにか味噌はつくりはじめてもうかれこれ20年以上たってしまってる

お味噌づくり教えてよ、と言ってくる友達が後から後から続いて

何年かそういうことをした時もあったし

園で働いてた時はそれをしていこうと思ってやってたりした

こどもたちが一緒にまぜる

手にはいろんな菌があって

酵素ジュースを作るときも自分の手をいれて混ぜようと教えてもらった。

 

本には作り方は書いてある

でもどんなかんじ?と一緒に作ることって大切なのかも。

お茶づくりをしたときも

その人の手でいかにもこんなにお茶の味がかわるのか、とびっくりする。

 

私は自分の手に自信がないけれど

自信なんてなくてもきっとその場に共にいる人たちとのなんと言えない 繋がりの中で

菌もいい意味で感染していく。

 

感染という言葉が

いまのタイミング的にも

あまりいいイメージがないけれど

よくみてみると

なんて素敵な言葉!

感じて染めていく

 

 

 

最近、味噌づくりは一人で体調の良い時におもいつきでしか作らないけど、お醤油だったり、お茶づくりだったりはなかなか自分だけではできないからそういう場に

赴いていろんな人たちそして多分菌たちとも出会ってたり。

あったときの刺激もありまた久しぶりの懐かしさもある

そんな、なにかがうまく感染して

 

菌を通じて面白い交流がうまれる

 

今年の味噌はしないかもだけど

もやしを買って麹を作るときもある

そんな時のは夜な夜なお布団にいれて

まさしく抱きしめてみる

私の菌が、のちに私の体内に入ってくれる

再会。

 

いつからか続くその菌がお米とであってどんなふうになっていくのか

 

自分の中での変容と、

また外にでていくときの変容がいろいろと

楽しみ。

 

私の種まきが他の人への収穫に繋がったり、体内に入ったり

連綿とつながっていったりするのだ、と大豆を焚きながら夜な夜な考えている。

 

 

涙壺

f:id:sallygarden:20200129100045j:image

 

「涙の谷を歩むことがあっても
わたしは怖れない
あなたがともにおられるから」

.

涙壺をもった神が
私の横にいる
悲しみに暮れた涙は蒸発しているんじゃない

ちゃんとそのつど
壺の中にためられている
種がまかれるとき
かつてのわたしが埋葬されたところに
涙壺から滴がおちる

ジャングルのように
混乱している
美しいものも
やくにたつものも
あるはずのものが
ごちゃごちゃの中で
埋没している

風の通り道ができるほどに
草木が
あああれも
これも、ときられて
ようやくわたしにも
地面があることがわかった。

シンプルにシンプルに
必要なものは
そう多くない

#psalm23#godshut#teasbottle #poet#inspiration#poeticinspiration
#herb#simples#garden