かやつり草

日々の、おもいたつこと

.たびすることば10衣

f:id:sallygarden:20191214185908j:image

 

 

 

 

ハルモニが死んで

友が美しい所作で

彼女を包んでいく

麻なのか大地の白さを

含んだ衣で包んでく

 


弔うというのは

祝うのと

とても

とても

似てる

 


わたしの、

15歳に

ありたかった

チマチョゴリ

 

 

 

わたしの

辛い過去を

そこを封印して

笑いながら

けれど

心の奥底では

口を閉じて

その叫びが

変換して

笑いになってる

 


15の少女を侵略した

国は

着たかった

あの制服を

とりあげたのだ

 


白い花嫁の衣装のような

丁寧に丁寧につくられた

きっと

紡ぐところから織られたその布は

 


少女であるハルモニを

包んでまた大地にかえってく

 


丁寧に丁寧に時間をかけて

つくられた衣は

数日で私たちの前からみえなくなる

けれど

 


十五の少女が

ずっと

ずっと

かかえていた

 


ものが

 


その傍らで

その声をきいて

糸にし

布になり

衣になったのだ

 

 

 

 

 

 

 

10/21