読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かやつり草

日々の、おもいたつこと

言葉を知る


詩人の工藤直子さんのお話を昔ききにいったとき、なるほど、とおもったことがあった。

他人の詩であろうと、自分がその詩の意味を知り、感覚を共有することができたらその詩はあなたの詩だ、と。

小説であれ、音楽であれ、それを書く側は共感する種をまいているのだとおもう。読み手の代弁をしているというか。

いま、娘が一茶や芭蕉の俳句を憶えてくちずさんでいる。

その季節季節にぴったりくるとふっと情景に馴染む俳句もある。

学校で国語を学ぶ醍醐味はまさに「私」の感覚を言語化したものを見つけ、身に付ける喜びなのではないだろうか。

意味はわからなくとも