かやつり草

日々の、おもいたつこと

black bird story

f:id:sallygarden:20200821060926j:image

みるものすべてがまぶしくて

 

サングラスをかけて

夜のように

みるものすべて

自分をも夜にそめつけて

何度も何度も 色をかさねていく

何度も何度も

星空をきらめきと共に渡っていく

 

あなたの気持ちがわかるとはいえない

私の気持ちもわかるかしら

 

 

 

夜の染め液に浸かる

 

とりはいつのまにかよるにとけてねむりこけている

内に朝日が照らされている

夕がありあさがくる

夕がありあさがくる

誰もここでは私を見ていないと思っている

よるをとんだ鳥は

朝日に照らされる

 

違うものたちが繋がっているrace

忘れている地につたえていく

 

ワタリガラス

レースに星のかけらを縫いつける

わたしは黒く夜の鳥になったかもしれない

 

夕があり朝がくる

夕があり朝がくる

 

夜から夜へとわたる

 

けされた光

けされたこころ

 

そこにある星屑

かつての心を

ひろっていく

black bird 

わたしのことをいみ嫌う人もいる

あなたにはわたしのことなどわからないでしょうよ

とちいさな星屑は土ころとなっていう

ねえ!

わからないわからない

 

事実はあなたがどう思うが

あなたは

光り輝く星のひとつ

わかって

わかって

 

木が枝で休むかつての鳥は

黒くて美しくなく