かやつり草

日々の、おもいたつこと

百水

f:id:sallygarden:20200504104634j:image

 

フンデルトワッサー展がずいぶん前にあった

そのときの図録

幼い息子とたまたまいくと

日本の多色刷り版画の絵は

写真でみるそれよりも

びっくりするほどにエネルギーに溢れていて

図録を買って帰るとその絵の中に入ってしまってる息子がいた。

ずんずん、ずんずんといっては絵の中に入っていた。

 

f:id:sallygarden:20200504104815j:image

「美術館へ向かうあなたのあしどりが描く線はその美術館の壁画の線よりとはるかに貴重でまたうつくしい。」

フンデルトワッサー

 

 

 

まさにそんな感じでずいぶんとずいぶんとおさなごの日々の遊びがフンデルトワッサーであったことをおもいだす。

 

そして彼は大きくなって意図せずに

ニュージーランドの旅先でフンデルトワッサーの建築物とであうことになるのである。

 

不思議といえば不思議だが

当然といえば当然である

 

 

 

 

f:id:sallygarden:20200504104751j:image

百水とは、木版画の時のフンデルトワッサーの屋号(フンデルト=百、ワッサー=水)である

#ブックカバーチャレンジ

#stillroom#hundertwasser