かやつり草

日々の、おもいたつこと

何度と重ねては欠けていくのだろう

f:id:sallygarden:20200325220515j:image

 

満ち満ちているものがときはなたれていく

のが満月であるのなら

欠けている

欠けきっている

そのみえない月は

満ちていくための

 

かけている

そして

また満ちていくとき

 

満ち満ちて

また欠けていくとき

 

幾度と重ねてはかけていくのだろう

 

重ねては

また

かけていく

 

欠けては

重ねていく

 

海もそのつど

かさをましてはひいていく

 

気持ちの波がかけては

ひいていく

 

。。。。。

新月にみたからか

満ち満ちている展示に

圧倒されて

帰ってきた日

f:id:sallygarden:20200325221206j:image

 

なにかを作っていく作業を完成

させることはなかなか私にできない

きっと完成させたものも

満ちと欠けを繰り返したのだろうが

。。。。。。。

言葉も

言葉を転がすだけで文にならない

情けない情けないと

欠けた心がいうのだけれど

 

 

ともうそれはただの文字ですら

物体でしかなく

石っころのように

蓄積されていく

 

世界の終わりも

わたしにとっては

どこか自分の痛みとは関係なくて

 

ただ

密やかに

水が細やかに通るくらいに

文字が積み重なっていく

 

水の摩擦で

その石ころすら

さらに欠けては

もしかすると

いつかは

大穴になり

大水を通すかもしれない

 

 

空っぽと思ってたけど

まほうのクレヨンのごとく

真っ白の画用紙が

空間になってるにすぎないのかも

書く

書く

書く

直耕

直耕

直耕

 

 

情けないと

欠けた心が叫ぼうが

今ひとつ水脈に近づけなかろうが

耕して耕して書いて書いて

石ころ感しかなかろうが

紙を折っては入れ物にしたり

未来の手紙にしたり

のを

やめてはいけない

 

よくかんがえてみれば

月の、完成せず

在るがままに

欠けては満ちを永遠に繰り返す 

そういうこと

 

 

f:id:sallygarden:20200325231344j:image