かやつり草

日々の、おもいたつこと

自分の中の無力という強大な力

f:id:sallygarden:20191118063844j:image

 

調子が悪いと無力だという情けない気持ちによくなる。

この無力というのは一体なんなのかといつも悩まされる

あれができるこれができる 、わたしは自分にできることを数えたい。

自分のできる術を増やしたい。

そして「できる」愛あふれる人がたくさんいるなかで、弱っているとそういう、無力だ、、という言葉にさいなまれる

だから出来るオンナにすごく憧れる。

それはそれでよいのだと思うけれど

その、無力という言葉の私のイメージは相当わたしにダメージを与える時がある

 

しかしさて無力とは。

 

f:id:sallygarden:20191118031554j:image

最近の気づき

 

無力なことはエネルギーがないことではない

無力な存在だと思っている存在にフォーカスするとそれはうまれたてのあかちゃんだったりする

自分自身でまだ立つことも歩くこともできない。ごはんも食べられない。

けれどうまれてきたその瞬間のよろこびや

ただ在ることへの、周りのかつてそうだった人たちが感動する

 

うまれたときは0地点だと思う。そこから1、2、とすすんでいく。

 

当たり前のその0歳が

わたしには、ものすごく大きなメッセージ

力が無いことは、ゼロで在ることは

わたしが思うゼロではなかった

無力ではなかった

誰もがその一喜一憂に、存在顔が緩む存在

完全な存在は無力という名前の大きなエネルギー

 

こないだ助産師さんの話で

いま医療が発達してて、赤ちゃんは、病院でしかうまれてこないと思ってる人がいるけれど本来、赤ちゃんには産まれる力が、

お母さんにはうむ力があると、話ておられた。

 

私は医療技術が必要な状況の中にあったけれど、うまれた時の状況をみればそれはまさしく医療の中にあっても、

うまれる力があったと思う。

 

無力という名前の困惑した言葉は

エネルギーを添えると壮大なエネルギーを含ものになる

ゼロという数字の概念にも

まさに穴のようなそこを満たしていくものが最初にあったそうだ。

 

ゼロである

満たす力を持っている無力な存在

 

ゼロになるために強力な力を帯びて

ただそこに在るだけで周りをもゼロの波に

(ゼロ、だから波立つものはないはずなのに)

凪という言葉が愛される(少なくとも私は)

のはそういうことを本能的に感じるからかも。

 

凪のとき船は動かない

ただ浮いている

 

そこに力が無いと言えばそうだけれど

休息する、なにかを待つちからがそこに存在する。

 

そしてちいさな大きな存在な赤ちゃんは私に教えてくれる

 

無力と思うときの私の自己憐憫

こうも、尊いものに変わるのか。