かやつり草

日々の、おもいたつこと

callmyname

 

f:id:sallygarden:20180510065410j:image

 


自分の中に沈んでいる、幼いころ呼ばれたなまえを呼んでみる

 


はなびらが一枚、一枚と散るように

散らぬともその隙間から見え隠れする

 


おさないころのなまえ

 


呼ばれるとこそばいような

いたいような、けれど懐かしいその名前をそっと自分で呼ぶとき

 


最初のころのわたしを思い出す。

 


肩書きや纏ってしまったよいものも悪いものもなにもなく

 


素の、ただのわたし。

 


たまたま昨日、幼い少年の4歳の誕生日を祝っていたが、そのまだ片手で数えるその少年の年月は、とてもシンプルにその「素」へたどり着くことができる

 


まだはなびらが数枚のその幼き子も、

 


わたしのような数十枚に至るものですら、そのすきますきまの、空間からそっとたまに呼んでみる。

 


その素のわたしへ

 


なにかにかき消されそうな雑音の中も、花びらがひきちぎられそうな嵐の中でも、

 


そうやってたまに呼んでみる

 


変わらない大切なものが思い起こされるだろう

 

f:id:sallygarden:20180510065444j:image

 

#くどうなおこのはらうた#stillroom