かやつり草

日々の、おもいたつこと

仮の住まい

f:id:sallygarden:20180309185812j:image

 

 

月の明るい風の夜に

 

魂を、その仮の住居から遠くへ運び 

 

目は光の世界へさまよわせる 

わたしの一番のしあわせ

 

わたしが消えてほかになにもなく

大地も海も、雲なき空もなく

 

ただ魂だけが無限のひろがりを

駆け巡る時こそや

 

                            エミリーブロンテ