かやつり草

日々の、おもいたつこと

日本の庭には造形的な美しさだけでなく、精神的な感動がある


イサムノグチによるフラー彫刻


《「イサムノグチ宿命の越境者」よりメモ》

日本の庭は多分彫刻ではないか

京都こそ偉大なる教師

庭は、空間の彫刻


日本の庭には造形的な美しさだけではなく、精神的な感動がある

そう説明するイサムに「空間スペース」という概念をあたえるのはバックミンスター.フラー

フラーによると世界にはさまざまな意味の空間が存在した。人間をとりまく空間、彫刻のもつ空間、そして庭の空間。すなわち「庭は、空間の彫刻」

何かを造形するとき本能的に湧き上がる「日本の美意識」はまちがいなくイサムの内なる部分であった。
「日本の遺産」が自分のものである事実も京都はイサムに確認させてくれた
自分への旅で行き着いた京都で感知したものを土台とし、イサムは自分の作風を探りあてていくことになる。

そして父親への長年の積怨から解放される旅に終わる。
京都でみつけた日本文化への深い愛がそれを可能にした。