かやつり草

日々の、おもいたつこと

2020-05-04から1日間の記事一覧

百水

フンデルトワッサー展がずいぶん前にあった そのときの図録 幼い息子とたまたまいくと 日本の多色刷り版画の絵は 写真でみるそれよりも びっくりするほどにエネルギーに溢れていて 図録を買って帰るとその絵の中に入ってしまってる息子がいた。 ずんずん、ず…

動いてる庭

ジル.クレマン 山内朋樹訳 みすず書房 この詩的なタイトルだけで読んだ気になる ドキュメンタリー映画はほんとうにうつくしかった 「この惑星は庭とみなすことができる」 「生はノスタルジーを寄せつけない そこには到来すべき過去などない」 クレマンの何年…